モデルの写真素材販売サイト「美素材」

キーワード検索

ピックアップ

カテゴリで探す

利用規約

私どもは、サービスをご提供するにあたり、責任や権利の所在を明らかにすることは大切なことと考えております。そのため、サービスの提供に際してのトラブルの発生を未然に防止し、ご利用者様にも安心してご利用いただくためにも、ご協力をお願い致します。

第1条(本規約の適用範囲)

1. 美素材 利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社W Entertainment(以下「弊社」という)が運営する美素材(http://bisozai.com/ 以下「本サイト」という)にて提供するコンテンツ及びその利用に関するサービス(以下「本サービス」という)を利用される又は利用を希望される全てのお客様(以下、「利用者」といいます。)に対して適用されるものとします。

2. 本サービスの利用者は、本規約第3条の「会員登録」を含む本サービスのお申し込みの前に必ず本規約の内容を全て確認し、ご了承いただきますようお願い申し上げます。利用者が本サービスのお申し込みを行った時点で、当該利用者は本規約の内容を承諾しているものと致します。

3. 弊社並びに利用者は、本サービスの提供、料金の支払等について、本規約に定める義務を負うとともに、誠実に履行するものとします。

第2条(定義)

本規約において、次の用語は、以下に定める意味を有する

1. 会員とは、会員ID(メールアドレスを含む、以下において同じ。)、パスワード他の弊社が定める事項の登録を行い、弊社が入会を承認した利用者をいうものとする。

2. コンテンツとは、本サイトにおいて提供するすべての画像・動画データ(加工済みのものを含む)並びにプログラムのことをいうものとする。

3. 購入者とは、コンテンツ又は特別ライセンスを購入した本人をいうものとする。

4. アフィリエイターとは、成果報酬型のインターネット広告を掲載するウェブサイトやメールマガジン、又はその運営者(個人・法人を問わない)をいうものとする。

5. 被写体とは、コンテンツの被写体(人物、物品、風景、場所、特定の建築物その他恒常的に設置されている著作物などの一切を含む)をいうものとする。

6. コンテンツ利用成果物とは、広告宣伝用印刷物(広告、チラシ、カタログ、パンフレットなどの商品・サービスを広告する印刷物・非売品)や社内の内部資料としての企画書、社内の内部資料としてのプレゼンテーション資料など、本規約に違反することなくコンテンツを利用し製作されたすべての成果物をいうものとする。

7. 不正利用とは、コンテンツ並びにコンテンツ利用成果物を本規約に定める禁止事項、禁止行為(弊社の許諾を得ない利用を含む)の用途に利用することをいうものとする。

第3条(会員登録)

1. 本サービスの利用者は、本サイトで必ず会員登録を行ってください。会員登録は、本規約の内容を承諾し、会員ID、パスワードその他の弊社が定める事項の申請を行い、弊社が入会を承認することにより完了します。登録は本サイト内にて行うことができます。会員登録料、年会費などは一切不要です

2. 前項の申請を行った利用者が会員として不適切であると、弊社が判断した場合は、入会の承認を行わないことがあります。また、弊社が入会の承認を行わなかったことにより利用者に生じた損害又は、第三者との間に発生した紛争について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

3. 会員登録の完了後、弊社から登録完了のメールを送信いたします。

4. 会員登録内容に変更があった場合は、本サイトの会員情報変更ページにて速やかに変更手続きを行ってください。また、変更手続きを怠ったために、本サービスの一部が利用できないなどの損害が生じた場合でも、これにより生じた損害又は、第三者との間に発生した紛争について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

5. 本サイトにて入力された会員ID及びパスワードが登録されたものと一致することを弊社が所定の方法により確認した場合は、会員による本サービスの利用があったものとみなします。

6. 会員になろうとする者が未成年者である場合、会員登録及び本サービスを利用する毎に、事前に、保護者の同意を得るものとします。ただし、18歳未満の方は、保護者の同意を得たとしても、本サービスの利用はできません。

7. 会員は、会員ID及びパスワード、会員としての地位、本規約に基づく権利若しくは義務並びに本サービスの提供を受ける権利について、譲渡、貸与、名義変更、又は担保提供、その他第三者の用に供することはできません。

第4条(退会・会員登録の抹消)

1. 退会を希望する場合は、本サイトの会員ページ内にて退会の手続きをお願いいたします。

2. 会員が以下各号に該当すると判断された場合、弊社は当該会員に事前の通知をすることなく会員登録を抹消できるものとします。

1). 本サービスの運営を妨げ、その他本サービスに支障をきたす恐れがある場合。

2). 本規約に違反した場合。

3). 虚偽の会員登録内容を申請した場合(他人、他社になりすまして申請した場合を含む)。

4). 前条第6項並びに第7項に違反した場合。

5). 公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為、又はそれらの恐れのある行為を行った場合。

6). 会員が存在しなくなった場合(会員の死亡、会員である法人の倒産、解散を含む)。

7). その他弊社が会員として不適切である判断た場合。

第5条(利用許諾範囲)

1. 弊社は利用者に対し、購入したコンテンツについて、本規約に定められた制限による非独占的に利用する権利を許諾します。また、利用者は、弊社から許諾された本規約に定められた制限による非独占的に利用する権利を譲渡することができません。

2. 利用者は、コンテンツの利用用途によりコンテンツ自体若しくは、被写体の肖像権、著作権、商標権及び意匠権などの権利処理や料金の支払い、又はその管理者からの許諾等が、これらの権利者又は管理者に対し別途必要とされる場合があることを了承するものとします。

3. コンテンツは原則として購入者のみがご利用頂けます。

4. 利用者は、一度購入されたコンテンツを、本規約第7条「禁止事項」に該当する場合を除き、回数や媒体の制限なく広告宣伝や、販売促進を目的とした使用を含め、使用地域と使用期の制限なく何度でも利用する事ができ、営利・非営利、自己使用・コンテンツ利用成果物の第三者への供給を問わず利用することができます。

5. コンテンツ利用成果物を第三者に供給する場合、当該第三者は、供給を受けたコンテンツ利用成果物としてのみ利用することができ、利用者は、当該第三者のコンテンツ利用成果物の利用について本規約を遵守させる責任を負うものとします。

6. コンテンツの利用に際して、弊社又は弊社の指定するクレジットの表記は不要です。

7. 原則として、コンテンツ利用成果物の弊社への提供は不要です。ただし、弊社は、不正利用の有無などを確認することを目的として、コンテンツ利用成果物の提供を利用者に求めることがございます。この場合、利用者は、弊社からの求めに応じ、当該求めがあった日から3日以内に速やかに、コンテンツ利用成果物を提供するものとします。

8. 利用者は、写真被写体の肖像権の利用許諾期限の到来等により、一定期間以後は利用できなくなるコンテンツがあること、および弊社が予告なく取扱いを終了するコンテンツがあることを了承するものとします。

【利用許諾範囲の例】

以下はあくまでも例示であり、これに限定されるものではありません。

・広告宣伝用印刷物(広告、チラシ、カタログ、パンフレットなどの商品・サービスを広告する印刷物、非売品)への利用。

・WEBサイトデザインの一部としての利用。

・社内の内部資料としての企画書、社内の内部資料としてのプレゼンテーション資料などへの利用。

第6条(特別ライセンス)

1. 利用者が、購入したコンテンツを、販売、有償頒布を目的としたコンテンツ利用成果物を複製する場合やデジタルコンテンツや放送番組、テレビコマーシャル、映画などにご利用いただく場合には、コンテンツの新規購入、既購入を問わず、事前に弊社へご相談いただき、別途特別ライセンスを購入していただく必要がございます。ただし、有償・無償を問わず被写体が不快と感じる可能性がある成果物(たとえば、抱き枕やバスタオル等)への利用は認めておりません。

2. あるコンテンツに対して一度特別ライセンスを購入すれば、当該購入者は、特別ライセンスを購入したコンテンツについては、何度でも、期間の制限なく、購入した特別ライセンスの用途で使用することができます。

【特別ライセンスの取得を必要とする利用の例】

以下はあくまでも例示であり、これに限定されるものではありません。

・販売、有償頒布を目的とした雑誌・書籍・教材にご利用される場合

・販売、有償頒布を目的とした商品にご利用される場合。

・デジタルコンテンツにご利用される場合。

・アート制作目的で利用される場合。

・放送番組、テレビコマーシャル、映画などにご利用される場合。

・ノベルティグッズにご利用される場合。

第7条(禁止事項)

弊社は、利用者がコンテンツ又はコンテンツ利用成果物を以下各号の用途に利用することを禁じます。なお、下記の禁止事項に該当するか否か判断ができない場合は、コンテンツ利用前までに弊社へご相談下さい。

1). コンテンツを営利・非営利の目的を問わず、第三者に転売、配布、譲渡、貸与、送信すること、その他第三者に使用権を譲渡し、貸与し、また担保設定すること。ただし、本規約第5条第4項において認められた、コンテンツ利用成果物を第三者に供給することはこの限りではありません。

2). コンテンツ又はコンテンツ利用成果物を流用して本サービスと同一又は類似のサービスを提供すること。

3). 第三者がコンテンツを単体で利用、ダウンロード、又はコピーできうる態様(パーソナルコンピュータ、携帯電話、スマートフォンその他デジタル機器の壁紙画像、ハードウェアやソフトウェア並びに電子書籍にバンドルする画像、テンプレートの組み込みなど)で利用すること。

4). 本規約第6条の「特別ライセンス」を購入せずに、「特別ライセンス」の取得を必要とする用途に利用すること。

5). 本規約第6条の「特別ライセンス」を購入せずに、コンテンツを利用してアート・美術作品を制作し、製作した作品を展覧会・コンクール・コンテストその他イベントに出品・出展をすること。

6). コンテンツの全部又は一部を商号、商標(サービスマークを含む)、その他商品等表示等の全部又は一部に利用し、登記、登録すること。

7). 利用者がコンテンツの著作権その他の権利又は使用許諾権限を有しているかのような印象を第三者に与える表現や態様でコンテンツを利用すること。

8). コンテンツをアフィリエイターに利用させること。

9). コンテンツ又はコンテンツ利用成果物を公序良俗に反する目的で利用すること、又は公序良俗に反する業務、活動の用に供する目的で使用すること。被写体の名誉や信用を毀損する利用、誹謗中傷目的、その他不法な用途のためにコンテンツ及びコンテンツ利用成果物を利用すること。アダルト雑誌やアダルトビデオ(光学的記録媒体その他記録媒体、動画配信その他提供方法を問わない。以下において同じ)に関して、表紙、記事、広告、その他一切の態様により利用すること。アダルトサイト、出会い系サイト、ポルノや風俗(態様を問わず性風俗に関する一切の事項をいう。以下において同じ)に関する記事、映像、宣伝、広告、その他一切の態様により利用すること。悪徳商標、マルチレベルマーケティングの手法を用いたマルチ商法、ネットワークビジネスなどに利用すること。

10). 被写体となんらかの提携、協力関係にあるものと誤認を生じさせる利用をすること。被写体が利用者又は第三者の営利活動、商品・サービスを利用、認知もしくは推奨していると誤認を生じさせる可能性のある利用をすること。

11). 被写体が人物である場合、当該被写体が特定の宗教的、政治的信条を有するかのような誤解を与える方法で利用をすること。特定の病気の患者であるかのような誤解を与える方法で利用すること。当該被写体のイメージを損なうような利用をすることや、当該被写体が不快と感じる可能性がある利用、又はそれに付随する広告・チラシなどに利用すること。また、ソーシャルネットワーキングサービス(以下「SNS」という。)や無料通話アプリなどのサービスにおいて、当該被写体本人になりすますこと目的として利用すること。また、SNSや無料通話アプリなどのサービスにおいて、SNSや無料通話アプリなどのサービスを利用する他のユーザーに対し、当該被写体本人であると誤認を生じさせる可能性のある利用をすること。

SNSの例:mixi(R)、GREE(R)、Mobage(R)、Ameba(R)、Facebook(R)、Twitter(R)、Google+(R)、Myspace(R)、LinkedIn(R) 等

無料通話アプリの例:LINE(R),comm(TM),Skype(R),カカオトーク(R),Viber(R) 等

※(R)は、各サービス提供者の登録商標になります。

12). サムネイルデータ(商品選択のために本サイト上に一覧表示された小さな画像データをいう。以下において同じ。)又はカンプデータ(コンテンツ購入前に利用者が商品を確認するために、本サイト上に掲載されている透かし入りの画像データをいう。以下において同じ。)を利用者がレイアウトや構成を確認する以外の用途で利用、又は公開すること。

13). その他、弊社が不適切と判断する行為にコンテンツ及びコンテンツ利用成果物を利用すること

第8条(不正利用)

1. 利用者がコンテンツを不正利用した場合、利用者は弊社に対し、違約金として通常の利用料金の3倍に相当する額を支払うものとします。

2. 前項の場合において、弊社が蒙った損害額が前項の違約金の金額を超過したときは、利用者はその超過した損害額を賠償するものします。また、当該損害には、弊社が負担する訴訟費用及び弁護士・弁理士費用等を含むものとします。

3. 利用者は、弊社からの求めに応じ、当該求めがあった日から3日以内に、当該不正利用により作成、配布、譲渡、貸与されたすべての成果物(印刷物、商品など)を利用者の負担において回収し、又は破棄するものとします。また、利用者は、やむを得ず3日以内に弊社が要求する成果物の回収、破棄をすることができない場合には、速やかに弊社へ連絡をするものとする。

4. 利用者は、弊社からの求めに応じ、当該求めがあった日から3日以内に、弊社が要求する不正利用に関連する第三者の名称、住所、電話番号、担当者氏名などを含むすべての事項を開示するものとします。また、利用者は、やむを得ず3日以内に弊社が要求するすべての事項の開示をすることができない場合には、速やかに弊社へ連絡をするものとする。

第9条(利用料金及び支払い)

利用者は、別途弊社が定めるコンテンツ利用料金を、以下各号に定める方法に従ってお支払い頂くものとします。弊社が適当と判断する方法で利用者に事前に通知することにより、以下に定める利用料金及びその支払い方法を変更することができるものとします。また、利用料金及びその支払い方法の変更の詳細については、本サイト上に掲示することにより、利用者への通知に代えることができるものとします。なお、決済手数料その他の支払に要する費用は、利用者が負担するものとします。

1). 支払い方法は、銀行振込み、クレジット決済、コンビニ決済のいずれかがお選びいただけます。なお、いずれのお支払い方法も前払いとなります。

2). 銀行振込みをご選択の場合、購入申し込み後、弊社の指定口座に代金をお振込みください。指定口座は、購入申込ページもしくは購入申込完了後にお送りする電子メールでご確認いただけます。また、誠に申し訳ございませんが、お振込手数料はお客様にて御負担願います。なお手数料の詳細につきましては、ご利用の金融機関にお問い合わせください。

3). クレジット決済をご選択の場合、カード情報を登録すると次回利用時よりカード情報の入力無しで購入することが出来ます。カード情報は弊社では保管いたしません。委託する決済代行会社にて安全に保管されます。

4). コンビニ決済をご選択の場合、お支払いをするコンビニの種類をご選択頂きます。具体的な支払い方法並びに注意点は、ご選択ただきましたコンビニ各社によりそれぞれ異なります。これら具体的な支払い方法並びに注意点につきましては、購入申込ページもしくは購入申込完了後にお送りする電子メールで必ずご確認下さい。具体的な支払い方法並びに注意点の確認を怠ったために、決済ができないなどの事態が生じた場合でも、これにより生じた損害又は、第三者との間に発生した紛争について、弊社は一切の責任を負わないものとします。なお、コンビニ店頭に設置されている端末機の具体的な操作方法につきましては、ご利用のコンビニエンスストア各社にお問い合わせください。

5). いずれのお支払い方法をご選択いただいた場合も、弊社にてご入金を確認した時をもって購入手続きが完了したものとみなします。なお、銀行振込みをご選択の際に、銀行営業時間外にご入金いただいた場合は、翌営業日の入金確認となります。

6). 同一法人に所属する会員様の請求書を一枚にまとめることができます。

第10条(コンテンツのダウンロード可能期間)

1. 前条第5号の購入手続きの完了後、コンテンツのダウンロードが可能となります。

2. コンテンツのダウンロード可能期間は、原則購入手続きの完了後より14日間となります。

3. また、前項のダウンロード可能期間内であっても、販売停止などの理由により事前の予告無くダウンロードできなくなる場合があります。

4. 利用者がダウンロードをすることなく、本条第2項のダウンロード可能期間を徒過してしまった場合でも、弊社は一切の対応を要しないものとします。ただし、やむを得ない事情により、前項のダウンロード可能期間内にダウンロードできなかった場合は、購入者から弊社へ速やかにご相談下さい。

第11条(キャンセル、返品・返金、データ交換について)

1. 本規約第9条第5号の購入手続きの完了後、コンテンツのダウンロードが可能となった以降は、弊社の責めに帰すべき事由により、商品データ自体に物理的な欠陥や何らかの障害があった場合(ダウンロードされたコンテンツが注文内容と異なっていた場合を含む、以下において同じ。)を除き、いかなる場合においてもキャンセル及び返品はできないものとします。

2. 商品データ自体に物理的な欠陥や何らかの障害があった場合は、利用者の受領日から起算して7日以内に購入者による申し出があった場合に限り、商品データの交換をいたします。

3. 前項の期間内に購入者から弊社に対し、何らの連絡も無い場合、商品データ自体に物理的な欠陥や障害、誤受注などはなかったものとみなします。

4. 購入申込月内(当該月の最終営業日まで)にお客様からのご入金が弊社にて確認できない場合、当該購入申込はお客様ご自身によりキャンセルされたものとみなします。

第12条(免責事項)

弊社は、以下各号のいずれも保証せず、かつ以下各号のいずれかの事由に起因して利用者その他第三者に発生した紛争及び損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

1). 利用者はインターネットを利用した送信行為が、個人情報の漏洩等の危険性を含むことを十分認識し自己の責任のものとに管理送信を行うものし、利用者がこれを怠ったことにより生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

2). 利用者は、本規約第3条第1項の「会員登録」を行った際に、登録した会員ID及びパスワードを他人に知られることがないよう定期的に変更するなど、自己の責任のもとに管理を行うものし、利用者がこれを怠ったことにより生じた、第三者による盗用、本サービスの利用、損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

3). 第三者が利用者になりすまし、本規約第3条第1項の「会員登録」を行ったことにより生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

4). 利用者は、コンテンツを利用する前にコンテンツの内容(被写体の向き、画像の色調、コントラスト等含む)及びコンテンツに付された、関連カテゴリの表記、キーワード、説明等及びその正確性について自己の責任において確認するものとし、利用者がこれを怠ったことにより生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

5). 利用者は、 購入したコンテンツを利用するにあたり、本規約その他サービス提供にあたり弊社が告知した事項を関係各所に周知し、不正使用の防止に留意するとともに、自己の責任のもとに購入したコンテンツの管理・保管を行うものし、利用者がこれを怠ったことにより生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

6). 利用者は、被写体に関する著作権(著作権法第27条及び第28条に規定された権利を含む)、肖像権、商標権及び意匠権などの権利処理(利用者が購入したコンテンツを改変、変形した場合に必要となる被写体の権利処理を含む)に関し、自己の責任において確認するものとし、利用者がこれを怠ったことにより生じた損害、又は、被写体を含む第三者との間に発生した紛争。

7). 弊社は利用者に対し、コンテンツに関して、特定目的への利用に関する商品性、合目的性及び適合性を有することを保証しないものとし、それに関する第三者との間に発生した紛争。

8). コンテンツ利用成果物を通じて、利用者が発信又は提供する情報の内容について、またそれに関して第三者との間で紛争が生じた場合や第三者に対して損害を与えた場合などにかかる損害、不利益及び債務。

9). 利用者が本規約で許諾されている以外の目的や方法でコンテンツを利用したり、弊社が事前に利用停止を通知したコンテンツを利用したことから発生する損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

10). 本サービスの提供に必要な設備の保守、点検、工事、通信回線やコンピュータなどの障害、第三者の妨害行為、その他これらに類する事由が生じた場合のサービスの中断・遅延・中止・データの消失、ハッカー等によるデータへの不正アクセスにより生じた損害、その他弊社グループの他サービスに関して利用者に生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

11). 本サイトを含む弊社が運営するウェブサイト・サーバ・ドメインなどから送られるメール等を受信し、弊社が提供するコンテンツを利用することにより発生し又は発生しうる利用者の端末機器、通信機器、記録媒体及びソフトウェア等に対するコンピュータ・ウィルス等の有害なものの影響及びその影響によるデータの破損。

12). 地震、気象災害、その他の天変地異、ストライキなどの不可抗力により本サービスが提供ができなくなった場合の中断・遅延・中止・データの消失により、利用者に生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

13). その他、運用上又は技術上の理由により本サービスの中断が必要と弊社が判断した場合の利用者に生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

14). 本規約第15条の「コンテンツ利用許諾の取消」により利用者に生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

15). 本規約第19条の「事業譲渡」により利用者に生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

16). 本規約第22条の「本規約の変更」により利用者に生じた損害、又は、第三者との間に発生した紛争。

第13条(弊社の瑕疵により利用者に生じた損害)

コンテンツの利用に関し、弊社の故意又は重過失によって利用者に損害が発生した場合、弊社は利用者に対し、該当コンテンツの利用料金を上限として利用者が被った損害を賠償するものとします

第14条(著作権その他の権利の帰属)

1. 本規約による許諾により、コンテンツに関するいかなる著作権(著作権法第27条及び第28条に規定された権利を含む)その他知的財産権及び肖像権その他の権利も利用者に譲渡されるものではありません。これらに関するすべての権利は弊社又は、コンテンツの販売を許諾している著作権者等の権利者に留保されています。

2. 弊社又は弊社にコンテンツの販売を許諾している著作権者は、弊社と契約のある人物を除く被写体に関する肖像権、商標権、著作権(著作権法第27条及び第28条に規定された権利を含む)、意匠権、利用権その他の諸権利を有しておりません。これらの諸権利に関しては利用者の責任において、別途事前利用許諾の取得を必要とする場合があります。コンテンツ利用料金にはこれらの許諾料金は含まれておりませんので、予めご了承下さい。

第15条(コンテンツ利用許諾の取消)

1. 弊社は、利用者が以下に列挙した各号の事項にあてはまる場合、何らの催告・通知等を要することなくコンテンツの利用許諾を取り消すことができるものとし、以後、利用者はコンテンツを一切利用することができません。この場合、利用者は弊社の指示に従ってコンテンツ、コンテンツ利用成果物及びその他の成果物(本規約に違反して製作された物を含む)の一切を破棄すると共に、かかる利用者の行為により弊社、被写体又は第三者に生じた損害があれば、その一切の損害(訴訟費用及び弁護士・弁理士費用を含みます)を賠償するものとします。

1). 本規約に違反した場合。

2). 弊社への申告・申請、届出内容に虚偽があった場合。

3). 弊社に対する債務の履行遅延、不履行が判明した場合。

4). 弊社の業務を意図的に妨害していると弊社が判断した場合。

5). 支払手形又は小切手を不渡にした又は支払を停止した場合。

6). 他から強制執行、仮差押、仮処分もしくは競売の申立を受け、又は滞納処分を受けた場合。

7). 破産、特別清算、会社更生又は民事再生の開始決定の申立があった場合。

8). 監督官庁から営業停止、又は営業の免許もしくは登録の取消の処分を受けた場合。

9). 著しい信用毀損を生ずると合理的に認められる内容の、資本減少、営業の廃止もしくは変更、又は組織変更等の決議をした場合。

10). 財産状態が悪化し、又はその恐れがある場合。

11). 利用者又はその雇用者や所属団体が暴力団関係者又はその他の反社会的勢力であることが判明した場合。

第16条(秘密情報について)

1. 本規約における秘密情報とは、弊社が利用者に開示した一切の書面、電磁的記録、その他の情報をいいます。

2. 秘密情報のうち、次のいずれかに該当するものについては、本規約の規定を適用しないものとします。

1).弊社がお客様に開示する前に公然知られた情報。

2).弊社がお客様に開示する前に、お客様が弊社とは無関係の情報源から適法に得た情報であって、その事実を文書により証明できるもの。

3).弊社がお客様に開示した後に、お客様の過失又は本規約の違反によらず公然と知られた情報。

4).お客様が弊社とは無関係に独自に開発した情報であって、その事実を文書により証明できるもの。

第17条(利用者の守秘義務について)

1. 利用者は、弊社の秘密情報について、厳に秘密を保持するものとし、弊社の事前の書面による承諾なく、秘密情報を第三者に開示しないものとします。

2. 利用者は、弊社の承諾により秘密情報を開示した第三者については、当該第三者に対し、本規約と同等の秘密保持義務を負担させるものとする。

3. 利用者は、秘密情報を本サービスの申込みを検討する目的にのみ用いるものとし、それ以外の一切の目的の為に用いてはならないものとします。

4. 利用者は、前項の目的に必要な範囲でのみ、かつ、弊社から書面による事前の承諾を得た場合にのみ、本情報の複製物を作成することができ、この場合において、利用者は、当該複製物についても秘密情報として取扱うものとします。

5. 利用者が、裁判所又は政府機関の命令により秘密情報を開示する場合は、本条1項ないし前項の規定は適用しないものとします。ただし、利用者は、かかる命令を受けたときは、速やかに弊社にその旨を通知するものとします。

第18条(個人情報保護方針)

1. 弊社は利用者情報を業務以外に用いることや、第三者に漏洩するようなことは致しません。また、本サービスの提供上知りえた利用者の機密情報は、弊社が外部の第三者に漏洩することなく保護されるものとします。

2. 前項の機密情報には、公に公開されている情報(第三者が容易に取得できる印刷物全般やウェブサイトに掲載されている情報など)は含みません。

第19条(事業譲渡)

弊社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第20条(刑事上並びに民事上の措置について)

1. 利用者が本規約の一部又は全部の条項に違反していることを弊社が発見した場合は、警察への通報をはじめとする刑事上の法的措置によって対処する場合があります。

2. 利用者が本規約の一部又は全部の条項に違反することにより弊社に損害を与えた場合は、損害賠償の責任を負うものとします。また、当該損害には、弊社が負担する訴訟費用及び弁護士・弁理士費用等を含むものとします。

第21条(その他準拠法・裁判管轄)

1. 本規約および本サービスに関しては日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

2. 本規約の条項の一部が、法令上無効であるとされた場合であっても、かかる無効とされた条項以外の本規約の各規定は、引き続き有効なものとして弊社および利用者に適用されるものとします。

3. 本規約に記載のない事項及び本規約の内容の解釈について疑義を生じた場合には、両者誠意を持って協議し、その解決に努めるものとします。

4. やむを得ず、訴訟を必要とする場合の第一審の専属的合意管轄裁判所は東京地方裁判所とします。

第22条(本規約の変更)

弊社は利用者の事前の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとし、利用者は、弊社から事前の予告なく本規約の変更があることを了承するものとします。利用者には、常に最新版の利用規約が適用されるものとし、本サービスを継続して利用する場合、利用者は、常に最新版の利用規約に承諾したものとみなされます。

以上

平成 26 年 12 月 1 日改定